「ほっ」と。キャンペーン

2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

MRIと膀胱鏡

  【膀胱鏡】
入院前・・・MRI検査、CT検査、膀胱検査を受けた。

まずはマジ泣きした〝膀胱鏡〟

膀胱に転移してないか泌尿器科に回された。
膀胱鏡って、もしかして尿道からカメラを……
絶対痛い!痛いに決まってる!

婦人科の内診台はボロッちくて、年期が入っていたが
泌尿器科の内診台ったらピンク♪
それも座ると自動で背もたれが倒れ、オマタも自動で開いてしまう^^;
そんなことに浮かれてる場合じゃない!
だって痛い検査なんだもの~~

尿道に塗るタイプの麻酔薬を付けてくれるが、きっとこんなの気休めでしかないはず。

内診台の横にはモニターが設置されており
患者にも様子が見えるようになっている。

Dr. 「ではカメラを挿入しますね~。筋肉を通過するときに少し痛いだけなので」

私  「は、はいっ!!」

   ………………………。
私  「痛いぃぃぃ!」

どうやら入りづらかったらしい。マジで痛かった。
医者に対して「痛い」と言うのは小さい頃から怖くて言えなかった私は
絶えるしかなかった。。。
でもマジで痛い!勝手に叫んでいた。

カメラを変えたらしい?!カーテン越しなので作業が良く分からない。
Dr 「こっちでは大丈夫かな?」

「いたーーーーーーーーーーーーーーーぃぃ!」

あまりの痛さに気を失いそうになる。いっその事気を失いたかった。
すーっと痛みが消えたとき、モニターを見て下さいね、と言われた。
私の膀胱。ピンク色で小さなアワアワが見える。残尿だろうか?
凄く神秘的に感じてしまう。

どうやら膀胱までは転移がないようだ!良かった☆

カメラを抜くときも痛みが走った。終わったぁ~
イヤイヤ終わってなかったのだ!

膀胱鏡を受けた後は水分を沢山とって、どんどん尿を出すと言われた。
でも検査が終わって自宅に帰っても、まだ尿道がヒリヒリ痛いのよぉぉ。

家でトイレに入ってみる。尿意はあるのだが怖くてなかなか出てこない。
チビッっと出してみる。
ひぇ~~いてーよぉ(TT)

きっとガマンしていれば、時間とともに痛みが消え、おしっこがシミないはずだ!
こうなりゃ水分なんて補給しない!徹底抗戦!
10時間経過。
そうだ!お風呂場でシャワーと一緒なら。
チビッ…いてーよぉ(TT)

そうだ!浴槽の中でなら♪
チビッ…いってーーーー(TT)

結局、私は24時間寝ずにガマンしたのであります。
24時間経過した尿道はカメラで傷つけられた傷も塞がり
痛みもなく大量に出たのでありました。

もし、もしも今後、膀胱鏡と言われたら
絶対拒否!腹に局部麻酔して腹からカメラ突っ込んでくれ!と言います。
多分。言えたら。。。。。

  【神風特攻隊(MRI)】

これは無痛の画像検査。
造影剤の注射だけ。
工事現場のようなデカい音がするのでヘッドフォンを当てられ頭からドームに入ります。
検査室は孤独。
このドームの中で私はおかしな錯覚を起こした。

神風特攻隊!真っ先にその言葉が頭をよぎった。

このドームはゼロ戦。私は今からこれに乗り込み戦場に行くのだ!
実際の特攻隊員は帰らぬ人となってしまったけれど
私はガンと闘って必ず帰ってくる!

そんなことを考えているうちに悲しくなってきた。

不動産屋詐欺にあったこと。それが元で離婚したこと。
父のガン。手術には成功したものの生存率が非常に低いこと。
実はまだまだあった…。

何故、私ばかりに不幸が舞い降りてくるのだろう?

そんなことを考えさせられる時間であった。

↓↓↓クリック!!
★次へ…【入院まで】
[PR]
by hijiki222 | 2003-02-28 04:59 | MRIと膀胱鏡検査