2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:手術~術後7日まで( 1 )

手術 2003年2月25日

  【手術】  2003年2月25日

私って・・・おかしいかな???

実はこの日が来るのを楽しみにしていた。

恐怖心はなかった。

癌を取り払ってくれるのが嬉しいってワケではなく

〝手術〟にウキウキしていたのだw

(術後は浮かれてた自分がバカだった・・・と思うほど
苦しみましたがw)


6時・・・もう出ない!ってぐらい夕べはトイレに通ったのに
     最後のとどめの浣腸。

7時半・・・姉と息子達、相棒が来る。年老いた両親を長時間待たせるのは
      大変だろうと自宅で待機してもらう。

      手術着に着替え、紙製の帽子を被り、
      院内の薬局で購入した弾性ストッキングを履く。
      準備が整うとストレッチャーに乗る。

8時・・・肩に筋肉注射。さほど痛くはない。子供達と話しているうちに
     意識が朦朧としていく。
     オペ室に入る前に
     「頑張るね~」と手を振ったらしいが記憶にない。
     情けないことに口をあんぐり開けて、なんともマヌケな顔だったらしい。

オペ室・・・残念ながら記憶にない。
      
?時・・・「しっぽなさーん、終わりましたよ」と声をかけられて目が覚める。
     目を開けることが出来ないほど気持ちが悪い。
     喉が痛い。寒い。

硬膜外麻酔のお陰で今は傷は痛まない。
時間を聞いてみる。 もう4時だそうだ。随分時間がかかったんだな・・・。

少し落ち着いた所で手術をしてくれたDr.が様子を見にきれくれた。

「手術はうまくいったよ。後は時間とともに痛みが消えていくからね」

長いこと待ってくれた、姉、息子、相棒が部屋に入ってきた。

次男が私の写真を撮っている。
安心させるために、わざとヘンな顔をしてみせた。

その晩は鼻から胃まで通っている管が唾を飲み込むと異常に痛い。

我慢出来ないほどの痛みが襲ってくるとナースコールを押し
背中に入っている管を通してモルヒネを入れてもらう。
最悪だったのは〝痰〟だった。私は喘息持ちのくせにヘビースモーカー。
3年経った今も止めることができない。
時折、痰が喉までくる。それを出そうとすると、お腹に力が入るので
猛烈な痛みが走る。
それでも痰は自然と体から出ようとする。無理に飲み込もうとすると
鼻から通っている管が喉に触れて痛い。
手術が決まった日から喫煙しとけばよかった・・・・。

地獄のような晩だった。

  【術後説明】

本来なら自分の体のことだもの自分で聞きたい。
でも大手術の後、それは不可能。
事前にDr.に了解を取り、術後説明をビデオで撮ることにした。
摘出したばかりの子宮を後に見た。
声は聞き取り辛かったけど腫瘍はハッキリと分かった。

このビデオを見せてもらったとき、姉と相棒は私に
あることを隠していた。。。
音声がはっきりと聞こえなかったことが救いだったのだろう。。


  【術後  翌日26日】

モルヒネで痛みが消えているときは酸素マスクが苦しい。
夕べも何度か自分で外すもナースに着けられる。

昼頃、酸素マスク外れる。

この時の私は体から沢山の管が出ていた。

鼻から胃までのチューブ
右手に点滴
右側の首からも細いチューブが皮膚に縫われ、大きなテープで固定してある。
背中からの硬膜外麻酔の管
尿を出すためのカテーテル
リンパ液や血液を出すドレーンがお腹から2本。これも皮膚に縫い付けてある。
(それと・・・・・臍上数せんち上にも細い管が出ていた・・・)

モルヒネが効いて痛みが和らいでいるときは窓から見える空をぼんやり見ていた。

傷の痛みと痰の苦しみ・・・・。明日には軽減されるのだろうか・・・。

鼻からの管があまりに痛く、夕方無理を言って抜いてもらう。
なんとも気持ちが悪い。

横になったまま口の中をゆすがせてもらう。

午後、傷の消毒。

ちょっと動かされるだけで猛烈に痛いのに
出来ることなら触れて欲しくない。
もっとそーっと出来ないのか・・・と思うほど
グリグリと消毒される(TT)

***************************************************
  ≪看護記録より≫

夜間は創痛に対し、ソセゴンを使用し、3~4時間効果があったとのこと。
10:30より3回目のソセゴンを使用するが全く効果なし。
Dr.Tに確認し、レペタンス使用。その後鎮痛はかれる。
自己体交はできるがベッドUPはまだできていない。


***************************************************

  【術後 3日目 27日】

昨日より大分楽になってきた。
話せる状態になったので、姉が両親と子供達を連れて来てくれる。

小さな声じゃないと傷に響いて痛い。

午後、歩いてみましょうか!と言われる。
こんなに痛いのに無理だよ~。
支えてくれるナースは私より10キロは少ないか・・・?
申し訳ない。
点滴スタンドとナースの肩につかまり立つ!
痛さプラス貧血でフラフラになる。
そのまま何も見えなくなりベッドへ倒れこむ。

造血剤投与。

**************************************************** 
  ≪看護記録より≫

熱が38あるものの自覚症状なし。
ガス(-)グル音良好のため飲水OKと指示があるも、あまり飲めず。
少し歩行した際、起立性低貧血あり。

麻痺製イレウスをおこす可能性あり。


****************************************************
  【術後 4日目 28日】

午前中、膀胱のカテーテルが外れる。
トイレに行くために一人で立つ。立つと言っても傷が痛く
自動べッドの背を起こし、腕の力で少しずつ少しずつ・・・・。
何分もかけて起き上がる。
立つと内臓が傷にドーンと落ちてくるのが分かる。
これがまた激痛。顔がゆがむ。
痛さが落ち着くまで前かがみのままで耐える。

やっと立ってトイレまで行ったのに、オシッコが出ない。
力んでも出ない。尿意を伝える神経が切断されてる為だ。

昼頃、ガスがやっと出たので流動食が運ばれる。抹茶味のミルクが凄く美味く感じた。

首から出ている管の先には太い針が入っていた。
首を動かすと貼ってあるテープで顔の皮膚がつっぱる。


体が動かせるようになったので
そっと腹帯をめくって傷を見てみよう。
ガーゼが貼ってあるテープも恐々剥がしてみる。
臍の上まで傷があった。。。
あれ?!臍上5センチから出てる管はなんだろう??
黒い糸で皮膚に縫い付けてあり、クルンと巻いてテープで固定してある。

私が調べた中ではリンパ液を出す太いドレーンしか知らない。

きっと手術だけでは終わらないんだ・・・・・。

造血剤投与。

  【術後 5日目 3月1日・・・尿・便が出ない】

個室から大部屋に引越し。ナースステーション前の廊下側になった。
誰かが通るたびに目が合う。イヤだなここ。。

午前中、腹部のドレーン(2本)を抜く。
マックのストローより少し太い管。お腹に縫い付けてあったので
それを切ってから、ソーっと抜いていく。
痛みはないが、随分長い物が入ってたんだな。
1センチほどある傷口は縫うわけでもなく、テープでバッテンに貼っただけ。

午後には首の点滴も取れた。テープでかぶれてしまっていた。

昨日外した尿のカテーテルなのに、尿意がなく夕方また入れられてしまう。
今日からそれも外して一日6回の〝残測〟が始まる。
残測とは4時間おきにトイレに行く。オシッコが膀胱内に残っていないか
その後、カテーテルを挿入して全部出切れているか調べる。
新米ナースが可愛い残測時間表を作ってくれた。
これを枕元に貼って忘れずに行くのだ。夜中は起こしに来てくれる。
c0080731_15554434.jpg

トイレの度に数分かけて起き上がり、ドーンとくる痛みが治まるまでに数分かかる。
トイレに行くもやっぱり出ない。量を測るために軽量カップを持って
内診室へ行き、膀胱内の尿をカテーテルで抜いてもらう。
パジャマ・下着を脱ぐのも一苦労。内診台へ上がるのも一苦労。
膀胱内の尿を出してもらった後は尿の入ったカップを持って
残尿を自分で蓄尿して行く。そこは沢山の人の尿袋がある。当然匂う!

造影剤投与。 尿意なし。

*************************************************
  ≪看護記録より≫

粘液が出たのみで排便なし。満腹感なし。ガス・ガス音(+)
本日よりmag服用開始。ope式がラジカルであり、昨日までADLupも
進まない状況だったため腸運動弱い


***************************************************
  【術後 6日目 3月2日】

夕べは21時に眠剤を飲む。でも、3時間ごとには残測で起こされる。

朝、具合が悪く起きられない。ベッドに横になっているのに目が回る。
ガスも出なくお腹が張る。

食事が食べれなかった。楽しみのカレーだったのに。

午後、友達が見舞いに来てくれた。

続いて両親と長男と姉。

夕方には相棒と次男。

少し疲れた。

今日の消毒のとき、初めて腹部全体を見た。臍上から左カーブして恥骨の上まで・・・。
こんなに切ったんじゃ痛いわけだ!

午前中、隣のベッドに若い子が入ってきた。彼女はカツラだった。
入院も慣れているのか、てきぱきとベッド周りを持ってきた物で固めている。
リッちゃん23歳。
友達になれるといいな~

造血剤投与。尿意なし。

  術後 7日目 3月3日

朝から腹痛。相変わらず便が出ないため浣腸。
固形物はなく出るのはそのままの液だけ。

教授回診があった。奥のベッドのおOさんは教授の知り合いらしく
優しい言葉をかけている。
私の番になった。
「天井ばかりボーっと見てないでOさんを見習いなさい」と言われた。
Oさんは術後の経過が良くテキパキと歩いている。
トイレで悔しくて泣く。私だって動いてないわけじゃない!
4時間おきに起こされトイレに行き、寝る時間すら少ないのに・・・・。
二度と教授回診なんて出るものか!!

悔しいのと悲しいのと・・・・・。下剤を3回分一気飲みした。
便が出れば動くことができるはずだ!

夕方、友達が見舞い。久しぶりに会ったので嬉しかった。

夜、下剤が効いたか便が少し出た。

尿意なし。

↓↓↓クリック!!
★次へ・・・【抜糸・画像あり】
[PR]
by hijiki222 | 2003-02-25 21:33 | 手術~術後7日まで