2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:腹腔内抗がん剤投与( 1 )

  【腹腔内抗がん剤 術後15日目 3月11日】

そうだ今日は甥っ子の誕生日。おめでとう!
そして離婚記念日。そんなことに≪記念日≫ってあり?!w
で、初抗がん剤となる日。

(手術と同様で、ちょっと楽しみにしていた抗がん剤w)結果最悪・・・・(涙

昨日はまた貧血を起こし尿管が入れられた。

朝、採血。
抗がん剤の副作用の為、内服薬を処方される(ナゼア)
事前に飲んだほうがいいらしい。
この薬、一粒3千円ほどするらしい@@;(結果効き目なし)
3千円分の上手い物食った方がいいよなぁ・・・。

10時半、お腹のチューブから抗がん剤(プリプラチン160mg)投与。
20分時間掛けて、ゆっくり入れていく。
お腹が張るような感じだけ。
その後、まんべんなく腹腔内に抗がん剤が流れるように
看護師に手伝ってもらい体の向きを変える。

終わった後、ガスを出やすくする座薬を入れてもらう。

午後、Sちゃんが見舞い。今日はさすがにキツかったので
早めに切り上げてもらう。ごめんね。
入れ違いでLちゃん、L母、Mちゃんが見舞い。
抗がん剤を体から流す為に見舞いの品は≪水≫を頼んでおいた。
ありがと♪
たぷん、たぷんになったお腹が苦しいので
10分ほどで帰っもらった。スイマセン(汗

夕方、姉と長男。
副作用が少し出てきたようで食欲がなく次男がたいらげてくれる。

その後、座薬が効いてきてガスがお腹の中でたまるが出ない。苦しい。
あまりの苦しさに声が出る。
ベッドの柵にしがみ付き耐える。

(殴り書きメモから・・・)


  【3月12日】

苦しい。。。。お腹は痛いは、抗がん剤の副作用で気持ち悪いはで最悪だ。
副作用とはこんなにも苦しいものなのか・・・・。
何度も吐く。出す物がなくても吐気は止まらない。
午後、相棒が来るが話しが出来ないほど苦しい。
涙だけがこぼれてくる。

こんな最悪な中、車椅子でレントゲン室に運ばれる。
腸閉塞の傾向らしい。
行きのエスカレーターの中で吐いてしまう。
こんな状態なら「無理」と断ればよかった・・・・。
(エスカレーターで嘔吐したモノはどうやら便だった)


(殴り書きメモと思い出しながら・・・)


  【3月13日】

同室の人の食事の匂いが吐き気を増す。
担当ナースがミントの香りを付けたハンカチを持って来てくれた。
これを嗅げば少しは治まると思うから・・・。と、ありがたかった。
ベッドに張り付いたまま、食事の匂いが消えるまで
ミントの香りのハンカチを鼻に押し当てて耐えた。
食事している人に吐気を察知されていまっては
食欲も落ちてしまうだろうと、ひたすら耐えた。

夜、姉が来た。あまりの苦しさに泣いてしまう。
下着を自分で取り替えることすら出来ない。
姉に取り替えてもらう。ありがとう。

(メモなし。思い出しながら・・・)


  【3月14日】

気持ち悪い。
地下のレントゲン室まで車椅子で運ばれる。
呼ばれるまでタオルを握りしめ吐き気に耐える。

どちらにしても副作用で食べれない腸閉塞の為、禁食になる。

(メモなし。思い出しながら・・・)

***************************************************

  ≪看護記録より≫

本日IP4日目。午前中は気持ち悪さよりも腹痛が強かった様子。
しかしレントゲンに行き、吐気↑↑制吐剤使用。
12日のレントゲン所見と比べ、二ボー像消失。小腸ガスあり。

IPに伴う気持ち悪さの出現もあり、イレウスもあり、どちらかは不明であるが
気持ち悪さは軽減してない様子。苦痛は勿論、ADL低下と悪循環になっている。
引き続き制吐剤使用。


**************************************************

  【3月15日】

今日は大分楽なった。尿管外れる。

残測で血尿が出た。なんでだろう?

尿意なし。
**************************************************

  ≪看護記録より≫

残尿測定で血尿250ml流失あり。自尿なし。以前から挿入時痛があった。

尿道が傷ついた可能性、膀胱炎の可能性と考えられる


**************************************************


  【3月16日】

朝からエコー検査。検査の後、また尿管になった・・・・。

両親と次男、姉が来る。後から、相棒と長男が来た。
父がお腹が空いたからと売店で、お弁当を買ってきた。
私はもう5日間も点滴がご飯だ・・・・。

尿意なし。

***************************************************
  ≪看護記録より≫

15日血尿(+)本日、軽減して色は薄いが尿混激しい。
残測の痛みは看護師により、かなりの差があると言う。
Dr.診察、エコー施行。
血尿はグリプラ投与中なかったことを考えると、ケモの副作用というよりは
尿道の損傷と考えるが、膀胱内にユアグラがあることからopeにより
貯留していたものが、今になって刺激によって出てきたか?
現在、肉眼的血尿(-)尿混のみ。


***************************************************

  【3月17日】

夕べはアローゼンを飲んで下痢。今朝になってようやく治まった。
でもまだ腹痛は変わらず。便が真っ黒??

車椅子でレントゲン室。なかなか呼ばれない。
気持ち悪くなってきたので一人で戻ろうとすると呼ばれた。一時間待ち!
入院患者を待たすなんて!!!!腹が立つ!

具合が少し良くなると固形物が食べたくなる。
許可が出て、ヨーグルト、プリン、飲み物はOKだが
部屋の人達が美味しそうに食べている姿はキツイ。

夕方、姉がきた。

尿意なし。

**************************************************

  ≪看護記録より≫

イレウス病状がケモの副作用と重なり、気持ち悪さが強かったが、ようやく落ち着いた様子。
本人の苦痛少ない。腹痛に関しては依然変わらず。
午後、便、テステープにて潜血のウム確認。必要時検査へ。
術操作によるものか?ストレス性の消化管出血か?


****************************************************

  【3月18日】

友達のNさんから見舞いの花が届いた。テーブルが華やかになった。

貞ちゃんが部屋の皆でアイスを食べようと言い出した。
ハーゲン○ッツをご馳走になる。

案の定下痢。

尿意なし。


  【3月19日】

やったー昼から食事が出る!8日ぶりである。
しかし少し食べただで受け付けない。
11日の抗がん剤から6キロ体重が減っていた。

明日から三連休。他の患者さんが外泊すること聞き気持ちが沈む。
点滴と尿意さえ戻れば私も帰れるのに・・・。
涙ながらに訴えたら週末の外泊検討してくださるとのこと。

尿意なし。


  【3月20日】

c0080731_2210154.jpg隣の病室で親しくなった方が退院した。
退院と言っても、これから追加治療のため
転院するのだ。
辛くなった時癒してくれれば・・・と
テディベアーをくれた。
カツラを着け、しっかりメイクした顔は
健康そのものに見えるのに・・・。
幼いお子さんが3人もいる彼女は強い人だった。

深夜ガスが大量に出る。
音が聞こえては恥ずかしいので軽くおしりに手を当てながら
スーっと出した。

同室のオバちゃん達は気にせず〝プゥ~〟とやっている。

尿意なし。


  【3月21日】

午前中、点滴外れる。

次男が足の指を骨折。やんちゃ坊主は又高い場所から飛び降りたらしい。

夜、便が溜まっていたのか苦しみ浣腸。
それでも出ない。

残測時に摘便をしてみよう!と言われた。
抵抗はあったものの・・・もうそんなことで恥じている場合ではない。
少々固まりが取れたらしい。

尿意なし。


  【3月22日】

朝から腹痛がある。

姉と子供達が来る。食堂に移動して話す。
話しているうちにお腹の激痛。
子供達に心配かけるまいと、テーブルに掴まり我慢していたが
限界だった。。。。
歩いてベッドまで戻れそうもない。脂汗が出てきた。
見かねた姉がナースを呼びに行く。
車椅子で運んでもらい、ベッドに戻るが改善されず
摘便をお願いした。

少し楽になる。

尿意なし。


  【3月23日】

便なし。一日腹痛。「ゆっくり眠りたい」と我がままを聞き入れてもらい
深夜1時の残測パス。

尿意なし。


  【3月24日】

浣腸するが効果なし。
担当ナースのIさんが明日で転勤だと聞いた。
悲しくて泣いてしまう。

手術から一ヶ月。
なんと!自尿がーーーーー!便を力もうと和式トイレで踏ん張ると
出たよ!嬉しい!
オシッコが出る(出せる)自然なことが嬉しく思えた。

Iさんに早速報告。

便なし。夜激しい下痢。


  【3月25日  術後一ヶ月】

やっと、ご飯が入る隙間が出来て食事が食べれるようになる。

今日もオシッコが出た。水分を十分摂ったからであろう!
残尿が50mlになれば残測も卒業できる!

担当ナースのIさんから手紙をもらった。
そっと、一人で読む。。。。泣いてしまう。この一ヶ月間ずっと付き添ってくれたんだもの。
本当にありがとうございました。

夜、オシッコが200mlも出た!ナースステーションを覗くと
まだIさんがいた。子供のように、はしゃいで報告!
手を取って喜んでくれる。

  【3月27日】

また浣腸をする。貧血を起こした。

深夜1時と朝5時に自尿400ml。しかし残尿が150mlもあった。
でも出るようになった。嬉しい。


  【3月28日】

CT検査。今日もおしっこが出た。尿意はあるときとないときとがある。
自尿0~400mlだったり、残測50ml~400mlと、ばらつきあり。


  【3月29日~30日】

なんと外泊許可が♪今日を逃すと一月先までないとか・・・・。
いつになったら退院できるんだろう・・・。

外泊が延びたのは尿が出ないこともひとつだった。

尿管を入れたまま短くカットして、そこからキャップで出せるようにとも
考えてくれたが自尿で頑張りたい。
自尿が100mlなら、即効病院に帰ることが条件で外泊することに。
病院で使っている紙コップを何個か持ち帰ることにした。

11時半、姉に迎えに来てもらい帰宅。子供達には内緒だったので
驚いていた。久々の我が家はホコリが目立つ。
長男と掃除をした。

さて、トイレが問題!病院のトイレは和洋式があり、お腹に圧迫がかかる
和式でないと出ないのである。
我が家は洋式・・・・。
悩んだ末
犬のトイレシートをトイレの床に敷き踏ん張った!
便で踏ん張るってのは分かるけど、尿を出す為に踏ん張るのだ?!
病院に帰りたくない気持ちが体中の力を下腹部に集中させた。
出た~!たかが〝オシッコ〟なのだ。
普通はトイレに行くと自然に出るものなのに
こんなにも努力しないと出てこない。

夜、病院から電話。ちゃんと出ているので帰らずに済む。

夜中はトイレで何度も起きた。

翌日は一日家でゴロゴロ・・・。

PM8時病院へ帰る。

○先日のCT検査で左水腎症が分かった。逆流性のものではないらしい。


  【3月31日】

病室の4人と隣の部屋の清水さんと院内ランチ。
久々のパスタは美味かったよ~

けど食いすぎで又お腹が張ってきた。

この日、残尿が30~50mlになり残測が終了!
術後35日目。こんな長くなるとは思ってもいなかった。
(追加治療がなければ、自尿ができたところで退院の運びとなる)
ようやく夜はゆっくり眠れることになる。
未だに尿意はないが時間をみてトイレに行くようにする。

○尿混の為、水腎症、尿管狭窄が指摘される。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
後から聞いた話だが、腹腔内の抗がん剤はもっとも副作用が強いらしい。
その副作用と腸閉塞で本当に苦しい数日間だった。
ベッドの柵にしがみ付き、痛さと戦いながら何度も苦しくて涙が出た。
孤独感にさいなまれ、精神的に潰されそうだった。


こんなに頑張っているのだから、どうか元気に帰れますように・・・
[PR]
by hijiki222 | 2003-03-11 03:02 | 腹腔内抗がん剤投与