2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー

<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

妄想?

今日は姉が休みなので行かなくていいよ~と
言ってくれたものの、母の様子が気になり病院へ。

姉の言うとおり、ワケの分からないことを言う。
話としては通っているのだけど
現実ではないことばかり。

悲しくなった。。。

ベッドに寝てるだけじゃ余計いけないのかもしれない。
看護師さんにお願いして車椅子に乗せてもらう(術後初めて)
酸素が離せないので
階のフロアーをウロウロ。
手術していない足の筋肉を落さないように
何度か足上げ運動させて
折れた側の足も軽く動かせてみた。
少しだけどちゃんと動く。

時折ワケの分からない事言う。
そんなときは普段あまり話さない母なのに
勢い任せにベラベラと話まくる。

そうかと言って転倒したとき誰に家に入れてもらったとか
明確に覚えていることもある。

昨年、腰椎骨折で入院していたときも
夏なのに窓を見ながら雪が降っているとか言ってた。
でも退院後は元に戻ったので今回も
入院中のまだらボケだったらいいけれど。。

老人の大腿骨骨折を検索してみると
いいこと一つも書いちゃいないのよね(TT)
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-29 00:41
姉が仕事の合間をぬって母の病院へ。

昨日までは私と普通に会話をしていた。
ん??などと言うおかしな言動もなかった。

なのに今日の母は.認知症の症状とも言えることばかりを
話していたそうだ。

調べてみると・・・。

●感情障害
うつ状態 : 認知症の初期症状として“うつ状態”が出ることがあります。

確かに10月末あたりから うつ状態が酷くなり
〇〇さんのことを考えると可哀相で。。。。と泣いたり。
父のことを思い出して。。。と泣いたり。
気分が相当落ち込んでいた。


●幻覚と妄想
 幻覚としては幻視と幻聴が見られます。
 認知症老人では、被害妄想(物とられ妄想)や嫉妬妄想がよく見られます。老人の妄想的主張を頭ごなしに否定しても解決しないばかりか、かえって事態を悪化させるだけです。幻覚と妄想には薬がある程度効くので、専門の医療機関にかかることが大事です。

●せん妄
 軽い意識障害を背景にして錯覚、幻覚(特に幻視)、興奮をともなう状態をせん妄といいます。 認知症老人では、さまざまの原因でせん妄が起こりますが、複数の因子(身体的要因、心理的要因)が関与した例が多いです。入院による環境の変化も誘因になり得るし、薬剤の副作用でせん妄が引き起こされることも稀ではありません。


数十年も働いていない母が自分は会社員にでもなったかのような
ことばかりを話していたそう。

何もないところにお面があるだとか・・・・。

数ヶ月前、脳のMRIを撮っていただいたときは
特に異常なし。
年齢による萎縮はあるものの気にするほどでもないだろう・・・とのことだった。
入院前、ほんの一週間前までは一人で仕度をして
デイケアの迎えを待ち
一人で自宅に入って着替えて・・・と
すべてやりこなしていたのに。
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-27 17:32

経過よろしく!

母は今朝から食事が出て
今日はベッドに腰掛けるリハビリから開始です。
そうとう痛かったようです(><)

母がうつらうつらしている間に同じ病室の
おばあちゃんと話し込んでいました^^;

94歳のおばあちゃんは母と同じ大腿骨骨折。
丁寧な言葉で話し、頭だってしっかりしてます。

もうお一人のおばあちゃんは90歳と聞いてビックリ@@;

70代かと思うほど話もしっかりしているし
お顔もシワがほとんどない@@;

母の年齢を言っちゃいますと・・・
81歳です。
高齢出産だったので
私が幼い頃、おばあちゃん?と友達に言われるのが
すごく恥ずかしかった記憶が・・・。

正直・・・・母が一番年寄りみたいです(TT)

お二人は戦争でご主人亡くされたそうで
90歳のおばあちゃんから戦争中の話をたくさん聞かせていただきました。
広島にお住まいだったんですよ・・・・
聞いているうちに涙が止まらなくなってしまいまして・・・^^;
お二人ともご苦労なさったんですね。。。

目が覚めた母に一緒に話をしようとベッドを起したのですが
母は聞いているのかいないのか・・・・?
結局寝てしまいました。
昔から話下手と言うか・・・
会話に入ってはこないタイプです。

帰る挨拶をすると
「ご苦労様。長いこと話しちゃってごめんなさいね。気を付けて帰るんだよ」
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-26 22:55

手術無事に終わり。

2時間で病室に戻ってきました。
意識もはっきりとしていて
無事に終わってホッとしました。

術後のレントゲンを見せていただいたところ
昨日UPした写真のモノより、もう一本金属が多かった^^;

傷口は4センチほどのものが2本。



夕方また行くと、痛み止めの座薬を一度いれてもらったようで
落ち着いていました。
今日一日は水も禁止ですが
明日からは食事OKとのこと。

明日からはいよいよ車椅子に乗ることから
リハビリが始まります。
痛いだろうな(TT)
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-25 14:28
17時から手術説明があり
明日の午前中なりました。
c0080731_23581118.jpg赤線が骨折部分

この写真と同じ手術予定。

ずれることなく折れていたので

手術も短時間で済みそう。

合併症など、心配は尽きないけれど
頑張って下さい。。。




術後は家族の協力が必要となるので
(これを怠ると歩行困難になっちゃうからね)
二人三脚で頑張っていきたいと思う。

母は帝王切開以来の手術。
やはり不安だと言ってました。
なので病室でバカっぱなしをして笑わせてきました。。。
先日までの母とはまったく別人のようで
あれはナンだったのか・・・・。
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-24 23:58

母・・・またも骨折

月曜に母が転倒して大腿骨を骨折してしまいました(TT)
昨年腰椎圧迫骨折のため3ヶ月の入院生活を送ってから
すっかり足腰が弱ってしまったので
本人も気を付けていたようですが・・・。

外で転んでしまい幸いにも甥っ子が気付いてくれたので
お姫様抱っこで玄関先まで運んでいてくれました。
そこで連絡を受け駆けつけました。
まさか骨折しているとは思わず
二人でベッドまで運びました。
一晩様子を見て夜勤明けで一眠りした相棒と病院へ。

なんせ、ここひと月の体のあちこちの痛みとやらで
振り回されていたので
今回も何でもないだろうと思っていた。

両脇をそれぞれで抱えて痛みのない足はしっかり付いてとか・・・
おんぶで車で運んだりとか・・・
可哀相なことしてしまいました・・・・。
救急車を呼んでもよいほどの痛みだったのに。

即入院。来週には手術です。
老人が転倒して立てない場合は大腿骨骨折に
ほぼ間違いないようです。
そのことを知っていたら、その場で救急を呼んでいたのに。。。
(リハビリを含め3ヶ月はかかるようです)

この転倒は私のせいかもしれない。
頼まれた物を買ってなかったから・・・。

姉は自分が出かけてしまったせいだと
お互い自分を責めています。
母を一緒に運んでくれた相棒もまた自分を責めています。。
(キツイ言い方しちゃったもので)
三人共罪悪感で。。。。。(泣

母はそんな私達を何も責めることもなく
相棒に感謝の言葉を言ってました(TT)

このところの母の事で私と姉は参ってしまっていたので
母に対する態度も正直冷たいときがありました。
今回のことで、我に返ったような・・・そんな感じです。。。。

でも、今までのことは練習にすぎなかったのかな・・。
手術をしたところで以前のように杖を付きながらも
歩行できるかは分からないし
長い入院生活で痴呆が出るかもしれない。
正直不安でいっぱいです。
一番不安なのは母なのでしょうが・・・・。

しばらくは私の病院通いが毎日になりそうだけど
入院していれば安心なので
気持ち的にはしばしの休憩が出来そうです。
もしかしたら・・・・・
そんな私達の為の時間を(反省期間と休息期間)
父が作ってくれたのかもしれないね。。


ガキんちょだと思っていた次男に母のことを伝えると

     まぁしょうがないべ!
     ばーちゃんはあんな状態だったから!!
     深く考えずに安心してなされ!!
     3ヶ月くらいゆっくりしてください。

なんてメールをもらいました。

勿論長男も同じような言葉を・・・・。

私が狂ったようになった姿を二人とも見ていたからの言葉です。
ありがとう。
私も母に優しく努めるよう頑張るよ。
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-24 01:06

これでよし!!

c0080731_1445181.jpgc0080731_145486.jpg


早く決めないから・・・・

紺のいいのがあったんだけど・・・

サイズがない007.gif



当日はコンタクトにしましょ!!
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-20 01:46
10月主人に虐待 を受けたヨーキーちゃん。
1回目、2回目の手術は上手くいかず
3度目は元東大で人間の外科医をしてた医師に手術を受けたそう。
骨が再生しているかはまだ分からないようだけど
可能性は非常に低いみたい。。。。。
戻らなければ最終的には切断の手術を受けることになるのでしょう(涙
たった10数年の短い生命なのに
入院生活も2ヶ月以上経過しました。
あんなことさせしなければ、今だってチョコチョコ家の中を走り回っているはず。
ヨーキーちゃんの気持ちを思えば思うほど
憎しみも強くなるばかり・・・・。
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-19 22:49

安定。

母が落ち着いているのでワタシと姉の気持ちも違います。。

母から異常にかかってくる電話。
怒鳴るワタシ・・の日々が続き
家電が鳴るたびにU^ェ^Uが尻尾を下げガタガタと震えるようになってしまった(TT)
ごめんよ。

昨日は母と沢山話をした。
二人だけじゃ笑う会話もないけれど
デイでの一日の出来事を毎日聞くようにしないとね。。
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-15 00:33

うっそ@@;

やばいです・・・
初白髪見つけてしまいました(TT)
[PR]
by hijiki222 | 2009-12-13 14:55