2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いよいよ在宅へ・・・

ここまでくるのに本当に色々あった。
(イヤイヤ、本当に大変なのはこれからなのだろう!)
何もかも初めての経験で分からないことだらけ・・・・。
しかし、家に帰りたい父の訴えを何とか
叶えてあげようと姉と頑張りました・・・

午前中、退院の準備。
今まで使っていた点滴の器械2コを在宅用の物に代えてもらう。
この年齢にしては足腰も丈夫だった父は
寝たきりの生活で3日目前からはポータブルトイレにまでなってしまった。
それまで何とか点滴棒に掴まり
自力で歩いていたのに(TT)

担当医が「お元気で・・・・・・」と、お別れの挨拶にきてくれた。

数日分の輸液・吐気止めの点滴薬(2種)
吐気止めの座薬など、ダンボール箱にぎっしり。
父が生きていく為の大事な大事な箱・・・・・・

昨日、車椅子もレンタルしてきた。

実家に帰ると、ももが嬉しそうに高い声でないている。
良かったね。。
やっぱり家がいいよね。。。

午後からは在宅看護の大久保さんがきてくれた。
輸液に混ぜるものがあるし、機械の使い方など
色々と教そわることがあるのだ。

その後、ポータブルトイレを買いに出掛けた。
介護用品って、どうしてこうも高いのだろう?!
それと、コードレスの呼び鈴を購入。
ここにはナースコールはないものね~。


今日は地元で神輿がかつがれた。
父は神輿大好きな人なので
車椅子に乗せて少しでも見せてあげたっかったのだけど
具合も悪く、そんな気力はないようだった。。。

夕方吐気が強まったので座薬を入れる。
まだ慣れない私の入れ方は少々痛かったようで(汗

今夜は姉が父の横で眠ってくれるので安心。
当分は姉と私の交代で泊まることになる。
[PR]
by hijiki222 | 2008-05-18 21:48 | ■父の事■2008.1.8~