2003年1月 子宮ガンの告知を受けました。その後、手術・抗ガン剤・放射線の治療を終え、今は元気に暮らしています。しっぽな 


by hijiki222
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

術後2週間と5日(父)


昼食・・・・食べれそうにないので断る。
夕食・・・・三分粥大さじ2杯ほど。煮魚小指の爪ほど
      味噌汁大さじ1ぱいほど。

これだけを時間をかけて、ゆっくり食べたけれど
やはり戻す。
背中をさすると背骨がゴツゴツした(TT)
再度、吐気止めの点滴。


吐気止めの点滴か吐気止めの座薬を
食事前にしたらどうなんだろう?!
担当医が来たので提案してみる。
あっさりとOK!
私の方から言う事じゃない気もするけれど・・・・。
by hijiki222 | 2008-01-30 22:28 | ■父の事■2008.1.8~

術後2週間と4日(父)

開腹手術をすると、どうも汚い話ばかりになってしまって
ごめんなさい・・・・・。

お食事中の方や、このような話が弱い方は
ここで読むのを止めて下さいね。。。




私が入院中には抗がん剤の副作用で
そりゃ~もう酷いものでした・・・。
私だけではなく、食事中であっても
隣のベッドから苦しそうに嘔吐する声(音)も
聞こえてきました。

術後の腸閉塞になったときには
便を嘔吐したこともあります。

〝摘便〟も、2回ほど看護士さんにしていただきました。
(指でかき出してもらう)
患者にとっては非常に情けなく、申し訳なく
看護士さんに
「汚いことさせてしまって申し訳ないです」と
謝ったことが・・・。

しかし・・・
「体から当たり前に排出されるもので汚くなんかないのよ」と
笑って答えくれました。
私にはとても出来ないことです・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕べ、具合の悪かった父が心配で
今日は面会時間前に行く。

夕べの吐気止めの点滴と座薬
今朝の点滴が効いたらしく
顔色がいい!

枕元に置いてある嘔吐用の入れ物も
今日は洗うことなくキレイなまま。
吐くと言っても食事はしていないので
胃液のようなものだけど(胃はないのに?)。

夕食からの流動食が食べられればいいのだが。
夕方からは姉と交替。


あれ?点滴してない!と思ったら、漏れてしまったらしく
右腕がパンパンに腫れ上がっていました。
新たに左腕の血管を探すのに
食事を摂っていないせいで血管までも痩せてしまい
看護師さんが苦労してました。

父は両腕に刺青が掘ってある。
〝若気の至り〟ってヤツだねw
そう言えば、私達が幼い頃は夏でも長袖を着てたな。。。

その刺青も急激に痩せてしまったので
しょぼくれて見えてしまう。。。
右腕の手首に近いとことろにも少々掘ってあるのだけど
これがなかったら、血管も探しやすいだろうに・・・ww


今日は歩けそうなので(病室のトイレは毎回自力で行く)
ナースステーションまで歩いて
体重測定をしてみる。

胃ガンの手術を受ける前は62~3キロはあった体重。
(元々痩せ気味)
胃全摘を受けてからは56キロ。
昨年は58キロまで増えたと喜んでいた。

ささっ・・・・何キロでしょうか?!

48キロ!10キロも痩せてしまいました。。

これじゃ体力もなくなるよね。
早く食事がとれるようになるといいけど。。。

3~4日に一度は見舞いに来てくれる父の姉。
今日も着てくれた。
父は叔母さんに
「ともとひろには面倒かけちゃって・・・」と
話していた。。。。。。。。。。。。
いけね~~~また涙出そうになったよ!



夕方から行った姉の報告メール!

『おもゆは完食!スープ半分!ゲロ少々』

やったーー!食べられた!070.gif
少しでも身につけばいい!

どうか今夜は戻さずに、ゆっくり眠れますように・・・・。
by hijiki222 | 2008-01-29 22:29 | ■父の事■2008.1.8~

術後2週間と3日(父)

二日ほど調子が良く、今日から流動食。

昼から出たようなので夕食の時間に合わせて
行ってみた。

長男と姉が先に来ていたが
また一昨日の状態に戻って苦しそうにしている。

昼の流動食は少々食べれたようだが
結局すべて戻してしまい
私が行ったときには吐気止めの点滴も追加されていた。

食べられれば退院も先ではないね。と夕べは話していたのに。
いつになったらPETを受けられるのだろう。
by hijiki222 | 2008-01-28 22:19 | ■父の事■2008.1.8~

術後2週間と2日目(父)

今日も調子が良さそう!

一昨日は車椅子でレントゲン室まで行ったのに
今日はお友達(点滴)と一緒に一人で行ったそうな!

食事は一切とってはいないが
やはり便と云うものはしっかりたまる。
それが出ないことでの苦しみもあったのかも。

ラキソベロン10滴で改善される♪

このラキソベロンは私も大変お世話になった薬。
今では使用することは滅多にないが
腸閉塞かも・・・ヤバイかも・・・・って時のために
常に自宅に置いてある。

今日はヨーグルトだけはOKの許可。
半分食べただけ。
残念ながら栄養になる前に・・・・・。
明日からの流動食食べられるのだろうか?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は久しぶりにワンコ達を外で走らせた。
(父の調子がいいと気持ちに余裕ができる!)

一番下の〝こつぶ〟は最近とても甘えん坊になった。
PCに向かうと膝の上に乗ってきて
画面を見ないで・・・と訴えるように
私の顔に自分の顔をくっつけて画面をさえぎる。
スリスリしてあげて満足したかと思うと
また顔をペッタンコ012.gif

以前はカギを持つと〝一緒にお出掛け♪〟と、
ソワソワしてた3ワンコも
今では〝寂しそうな表情〟で大人しく見送ってくれる。
可哀想な気もするけれど、慣れなくてはね!!
by hijiki222 | 2008-01-27 20:59 | ■父の事■2008.1.8~

術後2週間と一日(父)

やっと抜糸。

父はケロイド体質なので
前回同様だんだん盛り上がっていくのかも。

今日は姉が休みだったので
私は夜に行った。
吐気も治まったようで調子がいい!
昼間は廊下を歩いたそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で言うのもなんだけど・・・・・
娘っていいよなw

もし私が同じ状態になったとき
誰がみてくれるのだろう?!
息子?!
いやいや・・・・
嫁さん・・・・・・
嫁さんの世話にはなりたくないものだ・・・。
by hijiki222 | 2008-01-26 20:28 | ■父の事■2008.1.8~

術後2週間(父)

今日はバリウムを飲んでレントゲン。
バリウムはやはり戻してしまったようだけど
少しでも体内に残っていれば大丈夫だそう。
2時間起きに3回のレントゲン。
今日の結果は聞けなかった。

昨日は姉が主治医と話せたそうだが
今日は部屋まで来てくれて
やっと私も話すことが出来た。

CT検査では腫瘍の大きさは変わらず。
今までの検査では狭窄や新たな癒着を
起している可能性はない。
大腸カメラは術後一ヶ月~一ヶ月半は経過しないと
縫った傷をまた傷つけることがあるそう。。

ではPETではどうか?!と提案すると
医師も考えていたそうだ。
残念なことに、この病院にはそれがない。

数時間後、横浜の病院で入院中でも外出とう言う形で
PETを受けに行けるようにアポを取ってもらう。
が、今の父には動ける体力がない。
今日のレントゲンだって車椅子だもの。

今日のバリウム検査の結果で
確実にバイパスが繋がっていれば、
もっと栄養のある点滴、あるい吐気止めを使いながらの食事。
最悪は腸(本来ならば胃なのだが父には胃もない)か
首に直接管を入れる手術を行って
そこから栄養補給するかの選択のうえ
PET検査になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

頼まれていた〝母人形〟を持っていった。
嬉しそうにニコニコと笑ってくれる。
頑張った甲斐があった。

姉に父の前で泣いたらダメだよ。
もっと強くならないとね!と言われた。
わかっちゃいるのだ。。。
術前説明のときも、父も交えての話の後
私だけが残ってガンであった場合の今後の治療などを
聞いたとき、やはり泣いてしまう。

もう父は病室に戻ったものかと思っていたら
隣の部屋から姉と出てきた。
泣き顔を見せて心配させてはいけないと
慌ててトイレに行く振りをしたけれど
それを見た父は
「俺はダメなのか・・・?」と姉に言ったそう。

多分、私は姉より精神的には強い方だと思う。
ただ、涙もろい・・・・。
でも人前で泣くことは極力我慢する。
このビデオはヤバイだろう・・・この番組は泣くだろうと思うと
家族と一緒には絶対見ない。
相棒の胸の中で泣いたことなんて一度もないと思う。
話ながら涙が出そうになると、そこで止めてしまう・・・。
きっと、もっと相棒に甘えればいいのだろうが・・・。
ドライアイって涙が出なくなるらしい。
いっその事ドライアイになりたいなw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
久々に2日続けて、おもらしをしてしまう(TT)
毎度の事ながらヒンヤリしての目覚めは最悪。
おぅ、腸が満タンなのね。
膀胱が圧迫されて、溜めていられる容量が小さくなるのだろう。
そう言えば薬を最近飲んでなかった・・・。
膀胱神経の再生手術ってないのかしら・・・。
by hijiki222 | 2008-01-25 00:14 | ■父の事■2008.1.8~

術後13日(父)

いつもの時間に行くと部屋を移動していた。

ナースステーションに近い部屋に引越し。
ここも窓側だけど、左効きの父は
今の容体では
右腕を軸にして立つのは容易ではないようで
元の部屋に戻してもらう。

今日は顔色もいい!

夜、姉が主治医と話せたそうだ。
昼間だと中々話を聞く機会がない。

腫瘍マーカーは問題なし。
今日はCTを撮ったけれど、腫瘍は大きくはなっていない。
(もしかして良性?!)
みぞおちの痛み・吐気についてはまだ分からない。
明日はバリウムを飲んで検査。

大腸ファイバーでの組織診で確定するワケだが
まだパイパス手術をした腸が完治ではないので
カメラは通せないそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夕べは徹夜して〝母人形〟作ったw。
出来上がったのは朝の6時。
そのまま3人分のお弁当を作って
洗濯機を回している間に寝てしまった。
3時間ほど寝て母に起される。
by hijiki222 | 2008-01-24 23:50 | ■父の事■2008.1.8~

術後12日(父)

今日から吐気止めの内服薬処方。

2日間寝たきりなので無理矢理歩かせる・・・。
歩いている最中も吐気あり。

昼間は、昨日より調子が良さそうだったので
父が廊下を歩く姿を写メで姉に送信。
笑った顔が見たい、と言うので
「笑って」と言うと、ものすんごい顔が撮れてしまった(爆

7時過ぎ、姉が病院。

また酷い状態になったそうだ。
みぞおちの激痛で痛み止めの点滴。
by hijiki222 | 2008-01-23 00:24 | ■父の事■2008.1.8~

術後11日(父)

バタバタと家事をこなして病院。
昨日よりは少しはいいようだ。

結局、手術を受けてから今日まで食事を食べれたのは
たった一回の重湯を少々のみ。
水分もお茶を一口程度。

着替えも出来ない状態だったので
暖かいタオルで顔を拭いてあげた。

眠ってしまったので、ちょっとサティへ。
もも・ピーコ・カメ吉の横に母の人形も並べたいんだとw
作れるのか・・・・??
材料を調達して再び病院。

眠っている横でチクチク始めてみる。。

今日はレントゲンもないようなので
昼過ぎに一端帰宅。

夕食の支度をして、午後の面会時間に母を連れて行く。

体を拭いてあげた。
「ガイコツじゃん!」と言ったら笑っている。

父の調子が少しでも良いと、私も明るくなれる。

ここまで打っていたら、夜、病院に行っている姉から連絡が入った。
吐気が止まらず、今、医師二人に診てもらっていると電話がきた。
様子を知らせてと伝えたけど心配で車を飛ばす。
着くまでは〝カレイのから揚げ〟揚げてる途中じゃなくて良かったとか・・・
面会時間ギリギリだから車椅子専用の駐車場に止めれる。
歩かなくていい、ラッキー!!とか、考えながら運転してたのに
父の姿見た途端、ワーッと泣いてしまった・・・。
今回の入院で父の前で泣いたのは初めてのこと。

私が行ったときには多少は落ち着いていた。よかった。

今の状況・・・・・バイパス手術はうまくいったので腸は動いている。
続く吐気は腫瘍のせいか今は分からないそうだ。
悪性が良性かは
体調がよくならなければ検査は不可能。
by hijiki222 | 2008-01-22 18:36 | ■父の事■2008.1.8~

術後10日(父)

日に日に調子が悪くなる。
布団から出した腕は細くなり
黄疸が出ているようで、やけに黄色い肌。

明日は午前中から付き添っていよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと楽しみにしていた雪。
午前3時頃外を見たけど007.gif
ちょっと楽しみにしてたんだけどな~。
今年も降らないのかな。。。

ここ、ひと月ほど、相棒のリンパマッサージを受けていない。
それが原因なのか、うつ伏せになると〝そけい部〟が痛い。
そう云えば、ぷっくりと脹らんでいる。
少し自分のことにも気を使わないと。。。

今夜は久しぶりに寝室で寝るかな!
by hijiki222 | 2008-01-21 19:39 | ■父の事■2008.1.8~